男性

建物を建てる前に地質調査を必ず行おう|人類の義務

有機廃棄物を使って発電

作業員

バイオガス発電は生ゴミや糞尿などの有機廃棄物を微生物で発酵させ、生成したメタンガスなどを燃焼させて発電するシステムです。廃棄物を再利用するため環境に優しく、安定した電力を供給できるというメリットがあります。

View Detail

暮らしを守るための調査

メンズ

災害から人命を守る

地質調査業務の多くは官公庁から発注されるものが多い。業務の内容としては建物や構造物の基礎を選定するための調査、地滑りや岩石崩落などの発生機構を解析するための調査、地下工事の工法を選定するための調査などに分類される。これらの調査は全て、人災や天災から人命を守るための調査である。地質調査の種類としては地面を掘るボーリング調査が広く知られている。この調査はボーリングマシンを使用して地面に径66mm〜86mmの丸い穴を掘るものが一般的である。このボーリング調査に付随して、土の試料を採取して土質試験を行ったり、掘り進める際に錘を使って地盤の硬さを調べたり、地盤の地盤反力を調べる調査などが行われる。その他の地質調査としてはサウンディング試験や載荷試験、地下水調査、各種探査など他にも多数の調査方法があり、その調査目的に合わせた調査方法が選定されて地質調査が行われる。

一般住宅建設の事前調査

近年では一般住宅の建設前の地質調査が義務づけられており、スウェーデン式サウンディング試験などの調査が広く行われるようになってきている。この調査では先端がスクリュー状になっている硬いロッドを使用する。このロッドを地面に回転させながら貫入させていき、25cm単位で地盤の硬さを調べる。また試験中の貫入音や貫入状況により、どのような土質が分布しているかを推測することができる。住宅を建設する際には基礎工法の選定が必要であるが、分布している土質や硬さによっては価格の高い基礎工法を選定しなければならない場合が発生する。なお、この基礎工法の価格は地面の価格、及び住宅の値段とは別の場合も多いため、土地購入後に住宅を建設する場合はその土地に対して既に地質調査が行われているか、またその地質調査を反映した基礎工法の施工料金は誰が支払うのか、個人負担となるとしたらいくらくらいになるのかを把握するのが良いと判断される。

災害時の給水対策

ウォーター

井戸工事を行っておく事で、大規模な災害発生時にも緊急用の非常用水として活用する事ができます。一度井戸工事を済ませておく事で、生活用水が必要になった時には井戸からいつでも無料で地下水を汲み上げ使うことができて便利です。

View Detail

早期に液状化対策ができる

工事現場

地盤調査を行いその調査結果をもとに住宅の基礎設計が行われます。ただし地盤の強度や土質と地下水の関係を理解しておくことで、過剰設計でないかの判断がつけやすくなります。また早期に地盤対策を行うことにより、地盤の液状化を防ぐことが可能なのです。

View Detail